<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大雨ツーリング

「大雨ツーリング」

b0155724_22263571.jpg
GWの最終日、古い友人たちと京都をバイクで走ってきました。

友人たちは大型免許を持っているので、またがるバイクはハーレーダビッドソン。
自分は中型免許どまりなので、400ccの単気筒。

走り出した時は雨はやんでいたのですが、京都の北山を奥深く入っていき、トンネルを抜けると、ありえない大雨。

途中、雨宿りもしたのですが、結局やまず。
しょうがないので、雨の中を、でもあきらめずに目的地まで走ってきました。

久しぶりのツーリング。
新緑が目に眩しく、リフレッシュできました。
しかも、ただ雨に降られただけなのに、冒険したような気に。

映画「イージーライダー」がそうだったように、バイクは自由の象徴ですよね。
在野精神を忘れてはいけない弁護士にはぴったりな乗り物です(笑)。


途中、友人が教えてくれたことが印象に残りました。

「なんのために大型免許取るんやと思う?」
「自由を手にするためなんやで」

たしかに。
大型免許があれば、バイクを制限されることなく自由に乗ることができますよね。
さらに自由度が高まりそうです。

ということで、来年は一緒に大型バイクでツーリングできるよう、まずは大型免許取得を今年下半期の目標にしようと決意した次第です。

★名古屋E&J法律事務所へのお問い合わせはこちらから★
[PR]
by lawyer-nishikawa | 2009-05-10 22:27 | 日々のこと

忌野清志郎氏と在野精神

「忌野清志郎氏と在野精神」

GWも終わりに近づいてきましたが、みなさんいかがお過ごしですか。

ご存知の方も多いと思いますが、この5月2日、忌野清志郎氏が永眠されました。
本当に、本当に残念です。
惜しい人をまた一人なくしました。

彼の音楽や行動、発言は常に「ロック」であり続けていました。

いまでこそ大半のロックと言われる音楽は、音楽産業によって消費される対象になり下がっていると思われます。

が、本来、ロックは体制とは対極にある在野のムーヴメント。
その在野精神を失わずにロックし続けた一人が忌野清志郎氏。
彼の功績については、いろんなことが語られ、これからも語られると思いますが、貫かれていたのは在野の精神なのではないかと思うのです。

こんなインタビューからも、その片鱗がうかがい知れます。
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/RequiemImawano/index.html

在野といえば、弁護士も同じ。
弁護士がすべて迎合するようになってしまっては、国民の人権を守る役割を果たす人間がいなくなってしまいます。

もちろん、忌野清志郎氏のようにかっこよくとはいきませんが、在野精神を忘れずにがんばっていきたいものです。

「愛し合ってるか~~い、イェ~!」

★名古屋E&J法律事務所へのお問い合わせはこちらから★
[PR]
by lawyer-nishikawa | 2009-05-05 22:38 | 社会のこと

草なぎ氏騒動

「草なぎ氏騒動」

ごぶさたになりすみません。

今回は、草なぎ氏騒動。法律家として触れないわけにはいかないかなと(笑)。

今回の騒動は刑事手続きの観点からは、3点ほどが問題になると思います。

①逮捕は本当に必要だったのか
報道によれば、今回は現行犯逮捕。
現行犯逮捕の要件としては、犯罪がその人によって行われたことが明白であること、犯罪が逮捕直前に行われていること、そして逮捕の必要性=逃亡のおそれ、証拠隠滅のおそれといったことを満たす必要があります。

今回では、逃亡のおそれ、証拠隠滅のおそれが本当にあったのかが問題だと思います。

たしかに、草なぎ氏は声をかけられた時に多少の抵抗をしたとのことですが、酔っ払いなら多少の抵抗はある訳で、逃亡のおそれとまで言えるほどのものだったのか。
任意同行として連れて行って、一晩留置場に泊まってもらうだけでもよかったのではないか。

疑問が残ります。

②家宅捜索は別件捜索ではないのか
これも報道によれば、草なぎ氏の自宅を強制捜査したのだとか。

刑事手続き上は何でもそうですが、事件単位の原則というのがありまして、ある事件についての手続きはその事件を基準として進めなければならないというものです。

だから、いわゆる別の犯罪捜査の目的で行われる別件逮捕、別件捜索などは許されないわけです。

今回の家宅捜索については、一部報道では薬物使用の疑いがあったから、とされています。
それが本当だとすれば、薬物犯罪捜査という別件目的の捜査となり、これは許されません。

公然わいせつの証拠を確保するため、というのが表向きの理由なのでしょうが、はたして現行犯で逮捕されている今回の件でその必要があるのかすら疑問です。
だとすると、別件捜索なのではないかという疑いが濃厚な気がします。

③起訴猶予は妥当か
刑事手続きでは、犯罪の嫌疑と訴訟条件(裁判するための要件みたいなもの)が備わっていても、検察官の裁量で起訴猶予(不起訴)とすることができます。

今回は起訴猶予ということなので、起訴することは可能だったけれども、裁量で取りやめたということのようです。

本人の反省、社会的制裁、被害の状況などなどを考えてみれば、当然の結論という気がします。
そもそも、このような事案で警察が事件として立件すること自体、妥当ではないように思います。

一気に書いてしまいましたが、今回の草なぎ騒動、直後の鳩山大臣による草なぎ氏批判の発言に象徴されるように、どうも政治的利用の色彩が濃いような気がしています。
ただ、この点はもう少し検証が必要だと思うので、またの機会に。

★名古屋E&J法律事務所へのお問い合わせはこちらから★
[PR]
by lawyer-nishikawa | 2009-05-03 01:07 | 社会のこと

弁護士ニシカワケンイチの日々~現在休止中


by lawyer-nishikawa

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
法律のこと
日々のこと
社会のこと
環境のこと
刑事事件のこと
病院のこと
経営のこと
税務のこと
趣味のこと

フォロー中のブログ

名古屋の人材育成コンサル...
和菓子屋の愉び
トンボにみせられた少年の日記

検索

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

メモ帳

ライフログ

最新のトラックバック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧