<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ふたたび沖縄出張

「ふたたび沖縄出張」

きのうからまた沖縄へ出張に行ってきました。

沖縄は那覇市と沖縄市に滞在したのですが、すでに暑い(笑)。
Tシャツ+短パン姿の人もちらほら。
ただ、沖縄の人もさすがに2月でこの暑さはめずらしいとのことでした。
うーん。やはり温暖化が進んでいるのか…?

ところで、3月4日は何の日か知っていますか?

答えは「さんしんの日」。
このポスターで初めて知りました。

b0155724_1021247.jpg

語呂的には「にくの日」並みのパーフェクト具合です。

ポスターには第17回とあります。
かなり継続的に行われているイベントのようです。

少し調べてみると、このイベントは、なんでも三線(さんしん)を弾く楽しさや喜びを分かち合おうという演奏会だそうです。
「かぎやで風」は、。
ポスターにある「ゆかる日 まさる日」とは、沖縄方言で「縁起の良い日、この上ない日」のこと。

演奏会の特徴は、全国各地さらには世界と会場とを電話回線でつなぎ、毎時時報音に合わせて毎時ごと同時に、琉球古典音楽の祝儀舞踊「かぎやで風」を演奏するそうです。
時報音に合わせるのは、時報の最後の音がさんしんの調弦C調と同じくするから。
このへんの発想はミュージシャンならではですね。

なかなか粋ですね。

このポスターが貼ってあったお店では、店の方が沖縄民謡の生演奏をしてくださり、お客みんなで輪になってカチャーシーを踊りました。
“旅の恥はかき捨て”とは、よく言ったものです。

★名古屋E&J法律事務所へのお問い合わせはこちらから★
[PR]
by lawyer-nishikawa | 2009-02-28 23:19 | 日々のこと

SFCGが破たん

「SFCG が破たん」

先日、SFCG(旧商工ローン)破たんとの報道がありました。民事再生手続きに入るとのことです。
直接的にはリーマンブラザースの破たんにより外資からの資金調達が困難となり、資金繰りが行き詰まったといったところでしょうか。
ただ、本質的には強引な取り立て手法にもとづくビジネスプランの破たんというような気もします。

今回の民事再生では不動産の処分などについて同意が必要な監督委員が選任されるようです。

ただ、再生に値する会社なのかという根本的疑問はさておき、
SFCGと相対する当事者の方の代理人として気になるのは二つ。

ひとつは、これまでの過払い請求がきちんと支払われるのかということ。この点については早くも困難だという主張がSFCG側から表明されています。

もうひとつは、逆にSFCGに債務を負担している方に対する強引な取り立て、例えばいきなりの強制執行などがなされないか、という点です。民事再生で財産確保が必要だということで、なりふりかまわない取り立てがなされないか心配です。

そういう心配を払拭するにも、被害対策弁護団のいうように、監督委員にとどまらず、より強力に監督する管財人の選任がなされるといいのですが…。


★名古屋E&J法律事務所へのお問い合わせはこちらから★
[PR]
by lawyer-nishikawa | 2009-02-26 23:45 | 社会のこと

温暖化ガスの排出量も格差社会?

「温暖化ガスの排出量も格差社会?」

こんばんわ。
サザエさんも終わってしまった日曜日の夜ですが、いかがお過ごしですか。

さて、二酸化炭素をはじめとする地球温暖化ガスの排出量について少し調べる機会がありました。

地球温暖化の原因はCO2などの温暖化ガスなのですが、2008年から地球温暖化対策基本法にもとづいて、全国1万4000余の事業所における排出量が公表されているようです。

日本国内の排出量のうち、自家用車も含めて家庭関連が占める割合は20%弱程度、商店などが占める割合が10%程度で、それ以外の70%が工場・発電所や運輸などの事業所からの排出とされています(環境省のデータから)。

ただ、この事業所からの排出量は、排出量上位の事業所や会社にかなり偏っているようです。

たとえば、排出量上位200の事業所だけで国内排出量全体の50%を占めている、とか。
単独事業所での排出量が全国1位(公表のみ)の某愛知県内火力発電所の年間排出量は、下位6000余の工場の排出量に匹敵する、とか。

要は上位の巨大排出事業所が群を抜いて排出している、という訳で、排出量の世界もなんだか「格差社会」みたいです。

このあたりの大口排出をしっかりと抑制していかないと、2012年までに90年比6%の排出量削減を約束した京都議定書を実現することは難しいのではないか、と思います。

とはいえ、小口排出者の自分もエコバック持って買い物行ったり、こまめにスイッチを切ったりしてはいるんですけど…。


★名古屋E&J法律事務所へのお問い合わせはこちらから★
[PR]
by lawyer-nishikawa | 2009-02-22 21:03 | 社会のこと

平和公園へ行ってきました

「平和公園へ行ってきました」

しばらくお休みしてしまいました。すみません(T_T)
久々の再開です。

平和公園というのは名古屋市の東の方にある緑地エリアで、付近にある東山動植物園とともに東山公園として、街中における市民の憩いの場となっています。
この平和公園、北半分は墓地として整備されているのですが、南半分には緑が広がっている、ということでした。
ただ、行ったことがなかったので、今回初めて足を踏み入れてみました。

行ってみてまずびっくりしたのは、まさに「森」であること。
すぐそばをたくさんのクルマが走る道路が通っているのに、森に入るとその喧騒が嘘のような静寂が広がっています。
野鳥なども多く飛来するそうで、アカゲラやアオゲラといったキツツキ類まで営巣しているとか。
こんな街中に突然に姿を現す森。なんだか違う次元の世界にやってきてしまったようでした。

ところで、森に入ると皆さん親切(笑)

こちらから頼む前に、どんな野鳥が見えるのか巣穴教えてくれたり、写真を見せてくれたり…。
この森への愛を感じました。

そんな場所なのですが、いま名古屋市による再開発の対象になっています。
なんでも「東山動植物園再生プラン」なる再開発計画があり、それによるとこの森の南半分は、里山エリアとして、新たに水田をつくり、古民家を建て…、里山を再現するのだそう。
そのために新たに川をつくり、管理のための道路もつくるらしい。

しかし、そのような再開発を行って、はたして今飛来しているアカゲラやアオゲラをはじめとする貴重な動植物は大丈夫なのか、とても疑問です。

また、2010年は名古屋で生物多様性条約締結国会議(COP10)が行われるとのこと。
再生プランもこの生物多様性条約にも連動しているとのことですが、本当にそんな人工的な「里山の再現」で生物多様性が確保されるのか…。

少なくとも、いまのままの状態を維持するための整備にとどめても、十分に生物多様性は確保できるし、COP10に参加する各国関係者にも胸を張れると思うのですが…。


★名古屋E&J法律事務所へのお問い合わせはこちらから★
[PR]
by lawyer-nishikawa | 2009-02-19 09:37 | 日々のこと

弁護士ニシカワケンイチの日々~現在休止中


by lawyer-nishikawa

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
法律のこと
日々のこと
社会のこと
環境のこと
刑事事件のこと
病院のこと
経営のこと
税務のこと
趣味のこと

フォロー中のブログ

名古屋の人材育成コンサル...
和菓子屋の愉び
トンボにみせられた少年の日記

検索

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

メモ帳

ライフログ

最新のトラックバック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧