<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

東京タワー

今日は半日帰りの東京弾丸出張でした(笑)。
いま帰りの新幹線です。

出張先の建物からは東京タワーが見えます。
今日は雨も降っていて、こんな感じ。
b0155724_1818769.jpg
背後にかすかに見える六本木ヒルズ(森タワー)から東京タワーを見たことがありますが、完成当時は最も高かったタワーも、いまは周りの高い建物に囲まれてしまい、そのデザインと相まって、古き良き文化財の趣を醸していました。

東京タワーが完成したのは、1958年10月14日だそう。
もうすぐ50周年ってことですか。
そりゃ、レトロ感でますよね。

東京タワーは、なんだか当時の勢いというか、がんばってる雰囲気が残っていて、結構気に入っています。
テレビの地上デジタル化に伴って、取り壊しの話もあがっているようです。
でも、せっかくだから歴史的文化財として残すような懐の深さがほしいですね。
[PR]
by lawyer-nishikawa | 2008-09-30 18:29 | 日々のこと

台風の沖縄

またもや沖縄出張に来ています。

今回は少し早めに沖縄入りして、慶良間諸島のほうへ足を伸ばそうと考えていました。

ところが
台風と一緒に沖縄入り。
慶良間行きの船はかろうじて出るということだったのですが、帰ってくる船が3日先までの欠航が決定したとのことで、泣く泣くあきらめることに(涙)。

で、切り替え早く、「美ら海水族館」へ

b0155724_23295859.jpg
例のギネスにも載ってるという、高さ8.2m・幅22.5m、世界一のアクリルパネルの水槽です。

ジンベイザメ、でかい!

マンタ(オニイトマキエイ)は悠々と空を飛ぶように泳いでいました。

ヒーリングですなぁ…

で、夜は“オジィ自慢のオリオンビール”で、いつも通り(笑)。
b0155724_23232574.jpg












ところで、以前にも思ったのですが、クルマで沖縄北部に行くと、途中カーナビが道路以外すべてグレイ一色になってしまう場所があるんですね。それもかなり広い。

なにかというと、米軍基地です。
場所によっては、高速道路を走っているのに、かなり長い時間道の両脇がグレイになります。

「沖縄に基地があるのではなく、基地の中に沖縄がある」という言葉を聞いたことがありますが、まさにそれを実感。

たとえば、米軍基地で射撃訓練場に使われている場所は、仮に返還されても不発弾などが埋まりすぎていて使いものにならないとか。

なんとかせんとなー、と改めて思ったのでした。
[PR]
by lawyer-nishikawa | 2008-09-29 00:09 | 日々のこと

刑事弁護

今日は曇ったり少し降ったり、すっきりしませんね。
駅前のバベルの塔も今日はこんな感じ。
b0155724_152014.jpg
刑事弁護、時々やっています。
ほとんどは、事実関係に争いなく、情状をよくして量刑を軽くしてもらうための弁護活動です。

「そんな悪い奴の弁護なんかする必要はないんじゃないか」とは、よく言われる話。

でも、誰かが被告人の味方にならないとだめなんですよね。

警察やマスコミが「犯人だ」と言っていても、そうじゃないかもしれない。
本当にやっていたとしても、そこに至るまでに何か事情があったかもしれない。

そんなことを代弁できるのは、弁護人しかいないわけです。
「無罪だ」とか、「適正な量刑にすべきだ」とか。

もちろん同情できる被告人ばかりではないですが…。

でも、毎回公判を終えて、自分の弁護活動はこれでよかったのだろうか、もっとやるべきことがあったんじゃーないか。
いつもすっきりとしないものが残ります。

ただ、執行猶予判決が出て、被告人が喜び、ほんとうに感謝してもらえると、やってよかったなぁと、当たり前ですが思います。

自分ら弁護士は、喜んで感謝してもらえるのがエネルギーの源泉なんでしょうね。
それは刑事弁護でも同じというわけです。
[PR]
by lawyer-nishikawa | 2008-09-26 12:50 | 法律のこと

甘党な休日

今日もいい天気でしたね。
久しぶりに休日らしい過ごし方をしてみました。

朝は少し早起きして、近所の東山動植物園まで歩いて行ってきました。
空は、こんな感じ。キモチイイ
b0155724_22324183.jpg


残暑はキビシイながらも、ススキが穂を垂れていました。
b0155724_2234419.jpg


おひるごはんは近くのカフェCORNUで。
b0155724_132949.jpg

ここがまたいいんですよねー。また詳しく触れたいと思ってます。

午後は栄方面に行って、いつも社長にお世話になってばかりの雀おどり總本店へ。
以前行ったときに気になっていた、宇治金時を頼んでみました。
抹茶の味がしっかりしていて、普段こういったものを食べる機会がない自分でもおいしくいただくことができました。

で、いただいた後に重大な事実を思い出しました。

「芋ういろハジマリマシタ」
http://chunsuke.exblog.jp/

季節ネタで締めようと思っていたのに…。
でも、また来る口実ができたのでよかったです(笑)。
[PR]
by lawyer-nishikawa | 2008-09-23 22:52 | 日々のこと

交通事故について(人身損害)~コメントに対して

idamotorsさん、コメントありがとうございます。
コメント欄に送信しようとしたら、字数が多すぎって言われたんで、別項として投稿します。

請求の根拠をきちんと示すというのは、まったくその通りで、本来落ち着くべき水準で決着をつけるべき、ということですよね。

会社の核となる人物などが交通事故に遭ったときに会社から加害者に損害賠償できるかですが、ケースバイケース、特に会社の規模やその人物のポジションなどによって変わってくるようです。
たとえば、重要な契約に向かう営業部長が、その途中で交通事故に遭ってその契約が成立しなかったことによって、会社に莫大な損害が生じた場合、原則としては会社はその損害を加害者に請求できないと考えられています。加害の事実と損害とが離れてしまっているからとか、次善の策を講じておくべきだからとか説明されているようです。
ただ、その会社がその事故に遭った人物なしには成り立たないような場合(例に挙げてもらったような場合もあたりうると思います)、例外的に会社の損害を加害者に請求できる場合もあり得るとは考えられています。とはいえ、損害の範囲として妥当とされるかどうかなど、いくつかのハードルを越える必要がありますが。

以前、先輩弁護士から教わったこととして、交通事故が難しいのは、お互いに加害者になる可能性があるからだ、ということです。
非常に悪質な態様のものならともかく、一瞬のミスで事故を起こしてしまった加害者に対して、すべての損害についての賠償責任を負わせていいのか、という考えかたもあると思います。
かといって、一方で損害を被った被害者は救済されなければならないですし…。

考え出すと眠れませんね(苦笑)
[PR]
by lawyer-nishikawa | 2008-09-23 22:27 | 法律のこと

交通事故について(人身損害)

今日は、雨の日曜日になってしまいましたね。局地的には激しく降るところもあるとの予報なので、また被害が出なければいいのですが…。b0155724_1734717.jpg

写真は、先日の旅行で小布施に行った時のもの。早くも、果物が色づいてました。

ところで、交通事故に遭って怪我をしてしまった場合について。

交通事故で怪我をして傷害を負ってしまった場合、当然ながら加害者、加害者が保険に入っている場合には保険会社に対して、損害賠償を請求できます。

この傷害についての損害の内容は、まず時期で大きく2つに分かれます。

①交通事故に遭ってから、治療を続けて完治したか、これ以上治療を続けても症状が変わらないと判断されるまでの治療期間と、
②それ以降の期間(後遺障害が残った場合)
です。

今日は、このうち①治療期間について

この期間の損害として請求できるのは、だいたい以下のような感じです
・治療費
・通院交通費
・休業損害(仕事に行けなかった分の損害)
・傷害慰謝料(傷害による精神的苦痛への賠償)
・その他、コルセットなど装具費や入院雑費など

このほかにもケースバイケースで請求できるものもあります。

で、いつ請求できるのかですが、原則としては損害が確定してからということになるので、怪我が完治したころ、となります。

ほとんどは、加害者は保険に加入しているので、完治したころに保険屋さんが、「このくらいの金額でどうですかー」ということで示談書を持って来られます。

大事なのはここから。

保険屋さんが持ってくる示談書に書いてある金額は、ほとんどの場合、低めに見積もって来られます。
その金額に納得がいかない場合には、きちんと交渉をする必要があります。
交渉が成功すると、金額が変わることも多いです。

特に、休業損害・慰謝料の項目がポイントですね。金額が変わるとしたら、このへんの項目です。
このへんの項目は、ベースとなる金額をどこに置くかで変わってくるので、きちんと根拠を示して交渉をすれば、ある程度は保険会社でも応じてくれます。

とはいっても、保険会社の担当者だと裁量範囲が限られているので、交渉をしてもなかなか思うような金額がでないことも多々あります。
その場合は、あっせんや調停、裁判などに持ち込むことになります。

要は、納得いかないときはきちんと交渉をするということ。
交渉が面倒な場合や自信がない場合には、弁護士に相談してみてもいいと思います。
当事務所では、そのような交渉も行っていますので、よろしければご相談ください。
[PR]
by lawyer-nishikawa | 2008-09-21 17:07 | 法律のこと

住吉屋のこと

ちょっと前の話になってしまいますが、遅い夏休みを取らせてもらって、野沢温泉に行ってきました。

名古屋から約300キロ以上の距離を愛車で走破。クルマがクルマだけに、ちょっとした冒険旅行です(笑)。

泊まったところは、「住吉屋」さん。
http://www.sumiyosiya.co.jp/
正面エントランスはこんな感じ
b0155724_1819468.jpg
「村のホテル」としてホテルの機能性と湯宿の情緒をあわせもっているとのことで、いい旅館でした。

食事は、出来合いの食材を出す温泉旅館も多いなかで、すべて手作り、化学調味料不使用。
温泉は天然温泉かけ流し。しかも泉源が近いのでお湯が新鮮だとのこと。

スタッフの対応もある程度距離をもった丁寧さで、不測のリクエストにもしっかり応えてもらえました。

出てくるものもサービスも考え抜かれ、顧客の想定を超える満足をもたらしてくれる。しかも適正価格。

またまた見習わなければと思った次第です。
[PR]
by lawyer-nishikawa | 2008-09-17 17:20 | 日々のこと

弁護士ニシカワケンイチの日々~現在休止中


by lawyer-nishikawa

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
法律のこと
日々のこと
社会のこと
環境のこと
刑事事件のこと
病院のこと
経営のこと
税務のこと
趣味のこと

フォロー中のブログ

名古屋の人材育成コンサル...
和菓子屋の愉び
トンボにみせられた少年の日記

検索

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

メモ帳

ライフログ

最新のトラックバック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧