オービスでも誤作動?

「オービスでも誤作動?」

こんばんは

今夜も調子に乗ってオービスの話を。

オービスには計測方法の違いによって、いくつか種類があります。

そのなかでも最近多いのはループコイル式。

これは、オービスのカメラ手前数十メートルの地点の地中にコイルが3つほど埋め込んであります。
そのコイルには弱電流が流れており磁界が生じています。クルマ(金属体)が接近すると、それによって磁界の変化が生まれます。始めと3番目のコイルで計測した変化の度合いで、クルマの接近・スピードを感知し、あらかじめセットしたあった変化率になれば、スイッチが入り、写真撮影がなされる、と。

結局、オービスは磁界の変化をとらえているだけで、クルマの存在は間接的にしかとらえていません。
そのため、そもそも個体識別が困難ではないかという問題点があります。
たとえば、1番目のコイルを通過直後に、別の追い抜き車両が3番目のコイルを先に通過した場合や、車線変更をした場合などに、正確に測定できないとも考えられています。

実際、左側追い越しをかけられた時に、オービスが作動したが、自分が出していたスピードより速い速度で計測されていた、という事例は少なくないようです。

オービスも機械なので、誤作動はありえます。
しかし、取り締まりは常に正常に作動していることを前提に行われています。
肖像権やプライバシーだけでなく、適正手続とか無罪推定などの原則にも反しているように思えてなりません。

★名古屋E&J法律事務所へのお問い合わせはこちらから★
[PR]
by lawyer-nishikawa | 2008-12-18 23:25 | 社会のこと

弁護士ニシカワケンイチの日々~現在休止中


by lawyer-nishikawa

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
法律のこと
日々のこと
社会のこと
環境のこと
刑事事件のこと
病院のこと
経営のこと
税務のこと
趣味のこと

フォロー中のブログ

名古屋の人材育成コンサル...
和菓子屋の愉び
トンボにみせられた少年の日記

検索

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月

メモ帳

ライフログ

最新のトラックバック

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧